« 何度聞いても奥が深いOctavarium | Main | 4月1日、新年度とエイプリルフール »

Operation: Mindcrime IIを入手

# 追記: 若干の加筆修正をしました
QueensrÿcheのOperation: Mindcrime II(OM2)を入手。
以下はOperation: Mindcrime(OM1)とOM2を比べて聞いた結果浮かんだ印象も含む、おおまかな感想。

・曲の構成はOM1の続編というだけあり、全体の流れや盛り上げ方(アルバム冒頭など)がどことなくOM1をベースとしているような印象を受ける
・OM1と比較して、ストリングスやコーラスなどが有効に使われていると感じた
・OM1発売当時の80年代後半の雰囲気と、本作品OM2が登場する現代(00年代)の雰囲気をうまく取り込んでいる(裏を返せば、最近の曲ばかり聴いている人には古臭く感じるかもしれない。もっとも、いい曲にはいつの時代の曲かなんて関係ないが)
・曲は3分から5分前後のコンパクトなものが多い(実際には曲間が連続していることが多いので、それらを全部あわせて○分、のような感じで捉えたほうがいいかもしれない)
・このアルバムの全体像を理解するには、曲の歌詞をきちんと読むのはもちろん、OM1の歌詞の内容をきちんと理解しなければいけないだろう(OM1を知らない人はBurrn!の2006年4月号を参考にして、オリジナル、できれば英語に自信のある人以外は解説や訳が付いている日本語盤を聞くのがいいかも)…… OM1の続編である以上、必然であり仕方ないともいえるが(歌詞の中に現れる登場人物も引き継いでいる)、逆に初めてQueensrÿcheを聞く人やOM1を聞いたことがない人には敷居が高いアルバムかもしれない
・ゲストヴォーカルのロニー・ジェイムス・ディオは、ヴォーカルのジェフ・テイトをうまく引き立てている。ディオが必要以上に目立っていないのがいい
・さすがにジェフ・テイトの衰えは隠せないが、よくがんばっている

« 何度聞いても奥が深いOctavarium | Main | 4月1日、新年度とエイプリルフール »

「音楽」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83065/9323045

Listed below are links to weblogs that reference Operation: Mindcrime IIを入手:

» アルバムレヴュー #02 ドカーン [ポーションの三十路]
さて、同じテンションで書くとつまらないのでこっちは真面目に書k…既にタイトルがふ [Read More]

« 何度聞いても奥が深いOctavarium | Main | 4月1日、新年度とエイプリルフール »

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ