« 感想 - Iron Maiden / A Matter of Life and Death | Main | バスケ男子代表監督に鈴木氏 »

M. シューマッハが引退表明

モンツァ・サーキットで行われたF1・イタリアGPで通算90勝をあげたあと、「僕にとって今年が最後のモンツァでのレースとなる」という表現で、引退を表明したF1・フェラーリのミハエル・シューマッハ
参考)。
ベネトンで2度、フェラーリで5度の計7度も世界王者となったM. シューマッハとはいえ、いつまでも現役ではいられない。
引退の日はいつか来ると思っていた。
今年のシーズン中盤からの走りを見ていると、個人的には来年も現役でいられると思っていたが、結論は上で書いた通り。

M. シューマッハは、昨年は1勝しか出来ず、ルノーのフェルナンド・アロンソの後塵を拝して前人未到の6連覇はならなかったが、今年はチームとドライバーそれぞれで優勝を激しく争っている。
そんな彼が引退の決断を下すほど、自分の力に衰えがあったのかもしれない。
# 引退理由の1つが若手の台頭云々との報道もあったが
お疲れ様でした。

引退といえば、今年は日本ハムの新庄も話題になっている。
また、中田英寿もW杯終了後引退を表明した(参考: 本blog「青天の霹靂・中田英が引退」)。
スポーツこそ違えど、新庄、中田、M. シューマッハには、共通点があると思っている。
それは、実力がまだあり、それを示せるうちに引退しようとしている(した)、そしてそれはぼろぼろになるまで現役を続けたくはない、という意思の表れであり、かつ彼らなりの美学なのかもしれない、ということだ。
とにかく、俺のような外野がやめるなと騒いでも仕方ないことだろうし、むしろ本人の決断を尊重すべきだろう。
引退の真相はインタビューでいろいろ語られるはず(中田はすでにインタビューに応じた)。
それらが興味深い。

中田はともかく、M. シューマッハと新庄は今年、有終の美を飾れるのだろうか。
それを望んでいるが、結末は果たして……?

« 感想 - Iron Maiden / A Matter of Life and Death | Main | バスケ男子代表監督に鈴木氏 »

自動車」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83065/11886154

Listed below are links to weblogs that reference M. シューマッハが引退表明:

« 感想 - Iron Maiden / A Matter of Life and Death | Main | バスケ男子代表監督に鈴木氏 »

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ