« M. シューマッハが引退表明 | Main | 日本語の乱れは大丈夫? »

バスケ男子代表監督に鈴木氏

バスケ世界選手権で開催国にもかかわらず決勝トーナメントに進めなかった日本バスケ代表だが(過去の開催国はすべて決勝トーナメントに進んだ)、期間満了で退任するジェリコ・パブリセヴィッチ監督の後任に鈴木貴美一・アイシン監督が日本代表監督を兼任するとの発表。

パブリセヴィッチ監督というのは、なかなかの名将だったようだ。
その名将に4年を託したのは結果だけ見れば失敗かもしれないが、方向性は間違っていなかった。
とはいうものの、この4年の間に反省すべき点はあるはずだが、きちんとしているのだろうか。

鈴木氏のことは実はよく知らなく、悪く書くつもりもないが、個人的には鈴木氏よりも外国人に任せるべきだと思う。
盲目的に外国人が良いと主張するわけではないが、日本のバスケが強くなるには外国(人)からいろいろと学ぶべきだと考えているからだ。

とにかく、ジーコ前監督の総括や反省がいい加減な状態でイヴィツァ・オシム前千葉監督の招聘を決めた、サッカー日本代表の二の轍を踏むことはやめてほしい。
# ジェリコ・パブリセヴィッチ監督とイヴィツァ・オシム監督は旧ユーゴスラヴィアつながりというだけでなく、旧知の仲だそうだ(Wikipediaより)

最後に、個人的にはバスケのプロリーグを巡り対立しているbjリーグとスーパーリーグ(日本バスケットボール協会)がうまくまとまり、日本にきちんとしたプロバスケットボールリーグを作る必要があると考えている。
そうすれば、やがてそこからNBAなど海外でプレイする選手が増え、その選手が日本代表に選ばれていいチームができるようになるはず。
監督も大事な要素だが、むしろ日本のプロリーグをきちんとすることがバスケ代表を強くする一番の近道にも見える。

・参考記事
http://www.daily.co.jp/general/2006/09/14/0000112153.shtml
http://www.yomiuri.co.jp/sports/etc/news/20060913ie26.htm

« M. シューマッハが引退表明 | Main | 日本語の乱れは大丈夫? »

「スポーツ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83065/11894217

Listed below are links to weblogs that reference バスケ男子代表監督に鈴木氏:

« M. シューマッハが引退表明 | Main | 日本語の乱れは大丈夫? »

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ