« 主要国が特許認定基準統一で合意 | Main | 年収の格差・その実態 »

社員の採用も楽じゃない

# 追記: 2006/10/8

もうすぐ10月で、世間では内定式があるようですね、と他人事のように書いてみる。
それにちなんで、よくある新卒就職サイトや中途採用のサイトへの掲載料を調べてみた。
ダイレクトメールを出すだけでも数万円かかるんだ、とびっくり。

媒体一覧(ナレッジバンク)
参考:

2007年卒の新卒の採用はいわゆる「売り手市場」らしく、2008年卒でもその傾向は変わらないようだ。
売り手市場とはいえ、どの企業も新卒の採用人数が増えている(採用人数を増やす)とは限らないからだ。

新卒・中途にかかわらず、レベルの高い人材ばかりが入社してくれれば良いが(採用予定人数を超えて確保できたならなおのこと)、世の中うまくいけば苦労はしない。
例えば、新卒の大学生のレベルが全体的に上がっていれば企業の採用担当もうれしいだろうが、逆に下がったことで高いレベルの人材の数が減ったのならば、良い人材を他の企業と奪い合うことになるだろう。
今はダメでも将来は伸びるポテンシャルをもつ人材を探すのも同様だろう。

また、採用する人材のレベルを下げてまで人数を確保しているという会社ばかりではなさそうなのも実情のようだ。
業績が良くても(仮に人手不足であっても)、採用人数が減っている企業もあるようだからだ(実例を挙げることはできないが)。
採用人数の減少=業績の悪化など、とは限らず、一定水準に満たない応募者を容赦なく切り捨てた結果が、採用人数の減少として現れたのかもしれない。

それだけに、優秀な人材を確保するためにどの企業も時間、手間、お金をかけているのかも。
もっとも、大企業にとっては上で挙げたサイトへの掲載料なんてのはたいした額ではなく、負担が多少増えてもすぐに回収できるのだろうけど。

参考:

« 主要国が特許認定基準統一で合意 | Main | 年収の格差・その実態 »

「経済・政治・国際」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83065/12086364

Listed below are links to weblogs that reference 社員の採用も楽じゃない:

« 主要国が特許認定基準統一で合意 | Main | 年収の格差・その実態 »

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ