« ポリヴァレントな人間を目指して | Main | 最後に意地見せたM.シューマッハ »

INFOBAR2から携帯のデザインを考える

著名デザイナーが手がける携帯に先鞭をつけたauから、INFOBAR2のプロトタイプが登場していた。

口の中で溶けかけた飴をイメージ──「INFOBAR 2」のプロトタイプ登場
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0610/31/news038.html
参考: INFOBAR(初代)
http://www.au.kddi.com/au_design_project/seihin/infobar/

初代INFOBARの製品版を知ったとき、アンテナの突起がなければすごくいいデザインだと思ったのを憶えている。
それに比べ、INFOBAR2はアンテナの突起がない。
デザインも初代の直線的なものと比べ、曲面を使っているのが印象的だった。
ただ、ボタンは初代が透明だったのに対して2は違うようだ。
個人的には、初代のようなボタンのほうが好き。

INFOBAR2の本体裏はのっぺらぼう。
カメラなどは搭載しないのだろうか。
初代INFOBARのスペックは、当時の最高レベルと比べてもかなり見劣りしていたという印象がある。
それだけに、INFOBAR2はカメラや液晶画面などのスペックが向上すると思っていたが、どうなるのだろうか。
もっとも、上の記事にあるのはプロトタイプなので、実際のモデルは大きく変わる可能性があると思うけど。

ほかにもauはこんなモデルを。

基板、ひび、ヒップフラスク──auのコンセプトモデル3種がお目見え
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0610/31/news044.html

個人的には、cypresが気になる。
スケルトンの携帯はありそうでないので、実際に販売されるのか興味深い。
ひび割れ加工がしてあるKaosの発想は面白いと思うけど、ボタンが押しにくそう。

とここまでauの携帯を持ち上げてみたけど、いくらナンバーポータビリティが導入されたとはいえ、auに乗り換えることはなさそう(ちなみに今はDoCoMo)。
ただ、今の回線とは別にもう1回線auを持つ、ということはあるかもしれないけど、今の回線ですらフル活用していない状況で2回線持っても、なんだかね……
(DoCoMo以外の会社に乗り換えない理由は、ほかにもDoCoMoで十分満足、というのもある。ただ、料金、特に通話料金やパケット定額代はどのメーカーももう少し下げられると思う)

ちなみに、DoCoMo、au、SoftBankはそれぞれ以下のようなモデルを出す予定(すでに登場したモデルも)。

GPS、3Gローミング、WMA、ワンセグ、HSDPA──ドコモの冬モデル14機種
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0610/12/news045.html
Rev.A対応、デザインケータイなど総勢12機種──auの秋冬モデル
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0608/28/news041.html
HSDPA、光学3倍ズームの500万画素カメラも──ソフトバンク、13機種54色の新モデル
http://plusd.itmedia.co.jp/mobile/articles/0609/28/news064.html
個人的には、これは、というモデルがあまりない。
とはいえ、N903i(メインディスプレイは320×690ドット、一部モデルはハーフミラーっぽい加工も)、P903iX(アシンメトリーな背面が印象的)などHSDPA対応モデル、ワンセグ対応モデル、DRAPE(auのモデルの中では一番デザインがよさそう)、705P(デザインや機能はともかく、ここまで薄さにこだわるのは潔くていい)は気になるけど、無理してまで欲しいとは思わない。
ワンセグとHSDPAの両方に対応し、デザインがよい携帯が出れば欲しい。
それがDoCoMoから出れば文句なし。
デザイン面では、外観のほか、ディスプレイのフォントやアイコンなど、細かいところにも凝って欲しいけど、そこまで目が届かないんだろうな
(アイコンはインターネットからダウンロードできるモデルもあるから、内蔵されているものが貧弱でもまだ我慢できるが、フォントも、というモデルは数少ないようだ。それだけに、各モデルは内蔵のフォントやアイコンのセンスが問われそう。個人的にDoCoMoのF/Dシリーズのフォントが好き)。
とにかく、現状では故障でもしない限り、俺が携帯を買い換えるのはまだまだ先の話になりそう。

« ポリヴァレントな人間を目指して | Main | 最後に意地見せたM.シューマッハ »

「携帯・デジカメ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83065/12503380

Listed below are links to weblogs that reference INFOBAR2から携帯のデザインを考える:

« ポリヴァレントな人間を目指して | Main | 最後に意地見せたM.シューマッハ »

March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ