« F1鈴鹿GP、アロンソが勝利 | Main | ポリヴァレントな人間を目指して »

GoogleがYouTube買収

ネタだと思っていたけど、本当に買収するとはね……
と書いたのも、買収したのが様々なところで話題となっているYouTubeだけに、個人的にはインパクトが大きかったからだ。

個人的に気になるのは、GoogleにはGoogle Videoという、YouTubeと同様の動画共有サービスがあることだ。
これらは競合しないのか。

http://investor.google.com/whatsnew.htmlによれば、


Google to Acquire YouTube
October 9, 2006

This afternoon, we announced that we are acquiring YouTube for $1.65 billion in stock. YouTube will operate independently following the close of the transaction, which is expected in the fourth quarter of this year.

Google and YouTube share the vision of enabling anyone to upload, watch and share original videos worldwide, and the dedication to innovate with video to offer compelling services for our users and for content owners. By working together, we believe that YouTube and Google will be able to offer a better, more comprehensive experience for our users and new opportunities for content owners and advertisers.


とある。
さらに、詳細なプレスリリース(http://www.google.com/press/pressrel/google_youtube.html / http://investor.google.com/releases/20061009.html)も出ている。

これらをざっと読んだ限りでは、GoogleとYouTubeはオリジナルビデオの共有などでビジョンを共有している、GoogleのYoutube買収は最も早く大きく成長するビデオコミュニティ(YouTube)とGoogleのインターネットでの情報組織化と新たな広告モデル構築の経験を結びつける、などは書かれているが、これだけ読んでも買収の意図や真意が俺はまだつかみきれなかった。

Internet Watchの「GoogleがYouTubeを16億5,000万ドルで買収」の記事では、もう少し詳細が述べられている。
この記事によれば、GoogleがYouTubeの改良点を見つけたことや、Google VideoはYouTube買収後も存続することなどがわかる。
冒頭で書いたGoogle VideoとYouTubeの競合だが、両方とも存続するということはある程度の競合は避けられそうにないが、一方で共存を図るようにも見える。

また、http://d.hatena.ne.jp/umedamochio/20061009では、「Googleの傘下に入ることは、YouTube創業者にとって、NASDAQ上場よりうんといい話だったのだ」や「「こんなものゼロから作れば俺たちの方がいいものが作れる」という「天才的技術者の発想」より遥かに上位のところで、Googleがきちんと「正しい経営判断」を下す会社になった」と書き、Googleを評価している。

以前からGoogleは、自前で何でもソフトウェアを作って公開するというわけでなく、Picasaをはじめ多くの企業を買収して得た技術を利用することもあった。
このことは、自分たちで何でも作る前に、すでに良いものがあればそれを利用・改良し、車輪の再発明はなるべくしない、とも個人的には受け取れる。
(参考1: http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0407/14/news016.html

上で「買収の意図や真意が俺はまだつかみきれなかった」と書いたが、今回の買収も今までの企業買収の延長線上にあると考えれば、ある意味自然な流れではあり、意図の1つも見えてきそうな気がする。
(参考2: Googleの買収企業 - http://www.seobythesea.com/?p=64

さらにこんな記事も。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0610/11/news068.html


「Google VideoがしようとしていることとYouTubeがしようとしていることは重なる部分がある。両者とも技術的なことや法律的な部分などを研究し、チャレンジしている。同じこと、新しいことをしようとしている人たちが両方の会社にいる。方向がいっしょならば、いっしょにやればいいじゃないということになった」(グーグル広報)

GoogleとYouTubeのビジョンが共通しているという、Googleのプレスリリースの言葉をある程度踏襲した説明ではあるが、とにかく「似た者どおし一緒にやろう」ということだろう。
あとは共同作業でサービスや技術が進化することに期待。

YouTubeは他の動画共有サイトの追随を許さないようにも感じるが、最近は不正コンテンツチェック機能のあるClipLifeなど、さまざまな動画共有サイトが登場している(参考http://japan.cnet.com/news/media/story/0,2000056023,20194207,00.htm)。
このように、YouTubeは次々と登場するそのほかの動画共有サイトよりに対し優位性を保てるのか、またGoogleはYouTubeを使ってどんな新しい手を打つのか(技術的な面だけでなく、ビジネスなども含め)、個人的に興味は尽きない。
一方で、著作権侵害、公序良俗に反しそうな動画など、不正コンテンツ(ひとくくりにしてしまったが)の問題は、YouTubeをはじめ様々な動画共有サイトにとって頭が痛い問題だろう。
この問題の対処には、YouTubeのように連絡を受けてアップロード後に削除して対処するのが良いのか、あるいはClipLifeのように機械的とはいえ事前検閲に近いような形でチェックするのが良いのか(ClipLifeの技術面は個人的に興味がある)、前述した2つとは別の方法を考えるべきか、表現の自由と公共の福祉も絡んで難しい。
GoogleとYouTubeは、不正コンテンツ問題に1つの答えを出せるのだろうか。

GoogleとYouTubeの今後を見守りたい。

おまけ: A Message From Chad and Steve
http://www.youtube.com/watch?v=QCVxQ_3Ejkg

« F1鈴鹿GP、アロンソが勝利 | Main | ポリヴァレントな人間を目指して »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Comments

Wow that waѕ unusual. I just wrote аn vedy long ϲomment Ьut ɑfter I clicked submit mʏ comment dіdn't ѕhow uр. Grrrr... well І'm not writing all that oveг again. Regaгdless, just wanteɗ tߋ sаү superb blog!

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83065/12223101

Listed below are links to weblogs that reference GoogleがYouTube買収:

» GoogleがYouTubeを買収したのは意外だった [heavy monologue]
GoogleがYouTubeを16億5千万ドルで買収した。 もともとユーザ投稿型のビデオ共有サービスとしてGoogle Videoを持っていたため、YouTubeを買ったのは、個人的には意外だった。 もろ被りの競合サービスを買収することは、... [Read More]

« F1鈴鹿GP、アロンソが勝利 | Main | ポリヴァレントな人間を目指して »

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ