« Dream Theater武道館ライヴレポート | Main | 応病与薬は難しい »

ポリヴァレントな人材を育てる方法

“ポリバレント”なシステム・エンジニアが育っていますか
http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/OPINION/20080116/291142/

記事では、NTTデータでは各工程の実務経験を一通り積ませる、実務とマッピングした研修メニュー、などの例を取り上げている。
記事で書かれているような教育方法がベストかどうかは、なんともいえない。
また、「ポリヴァレント」をバカの一つ憶えのように繰り返しているだけで、無意味で理念なき教育をしているのであれば、下手をすると何も残らないであろう。
だが、少なくとも自社のSEを少しでも「ポリヴァレント」に近づけようとしている努力だけはうかがえる。
個人的には、OJTと研修のバランスを取る、研修には十分な時間をかけ(時には1ヶ月以上の長期研修も行うなど)、かつ内容を充実させるという、人材育成の王道をきちんと進むことが、「ポリヴァレント」の育成に限らず、社員の教育で重要だとは思う。

ただ、SEという狭い枠の中で「ポリヴァレント」であるよりも、いずれはSE以外の職業という広い世界における「ポリヴァレント」でなければ、少なくともICT業界では生き残れないだろう。
もっと書けば、ICT業界という枠に囚われてもいけないのだろうが。
そのことを痛感している。

« Dream Theater武道館ライヴレポート | Main | 応病与薬は難しい »

雑記」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83065/47000261

Listed below are links to weblogs that reference ポリヴァレントな人材を育てる方法:

« Dream Theater武道館ライヴレポート | Main | 応病与薬は難しい »

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ