« トップとしての心構え | Main | フードマイレージとバーチャルウォーター »

自殺者を診るのは敗戦処理か?

少し前にこんな記事を発見。

救命医 「敗戦処理」に漂う徒労感
http://news.goo.ne.jp/article/sankei/nation/e20080212001.html

仕事の8割は「敗戦処理」、というくだりで始まる。
このことを語った医者は、がん専門の外科医時代、治療は延命や痛みの緩和などで、消極的に感じたという。
その後、「自分の技術で、これから長く社会で活躍できる人を救いたい」の思いで救命医に転身した経歴を持つ。
しかし、自殺者への対応は、がん患者とは別の徒労感を感じたという。
また、自殺者は他の病院が引き取りたがらないのだという。
> むろん命に軽重はない。だからこそ、「死」を敗北と考える医師にとっては、自ら死を選ぶ人たちが許せない。
との文が重い。
最後にはこんな文が。
> 「自殺での搬送は3アウト制にしたらいい。搬送するのは3回まで。1回目、2回目は診るが3回目はもう診ない」
医者にこう思わせるほど、自殺者を診るというのは大変なのだ。
自殺することで、自殺した人の家族や親戚、友人だけでなく、医者や看護師などもつらい思いをするのだ。
私は、そのことに気付かなかった。

自殺者を診ることに対し、「敗戦処理」というのはいい表現ではないだろう。
でも、医者から見ればそう考えたくなるほどの仕事でもある。
こればかりは、医者や看護師を増やしたり給料を上げればいい、という問題ではない。
交通事故の年間死者より多い年間約3万人の自殺者、あるいは自殺しようとしている人を少しでも減らさなくてはいけない。
それは大変なことだと思うが、まずは地道にいろいろとやっていくしかない。

« トップとしての心構え | Main | フードマイレージとバーチャルウォーター »

「ニュース」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83065/40175368

Listed below are links to weblogs that reference 自殺者を診るのは敗戦処理か?:

« トップとしての心構え | Main | フードマイレージとバーチャルウォーター »

December 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ