« ヴァーサタイリストとポリヴァレントの共通点、そして重要性 | Main | 地球温暖化と格差是正は同時に解決できるのか »

学生と経営者の討論でわかるICT業界の問題点

・「10年は泥のように働け」「無理です」――今年も学生と経営者が討論
http://www.atmarkit.co.jp/news/200805/28/ipa.html

「IT産業が国際的な飛躍をめざすために学生に期待すること」がテーマらしいが、現時点で日本のIT産業は積極的に世界へ打って出ている状況ではない。
日本の企業なんかには見切りをつけ、海外の有名企業へ就職すれば、というのは酷な期待であろうか。

「全体の完成、ゴールのイメージが沸かない」という疑問に対し、「若いうちは1つの仕事を与えられても、そこから全体が見えるようになるまでは時間がかかる。それでも、知る努力をしなければいけない」というのはもっともか。
「仕事をするときには時間軸を考えてほしい」との発言もあったが、それが自分の仕事のみならず、業界の姿などをより良く知ることにつながるのかもしれない。

また、討論で出た企業側の欲しい人材は「貪欲(どんよく)に学ぶ気持ちを持っていて、環境適応力が高い人」だという。
一方で、記事後半にある通り、学生時代学んで欲しいことに文書作成能力やコミュニケーション能力があがっているが、これらはできて当たり前という。
それだけに、企業の欲しい人材に「コミュニケーション能力が高い」などが含まれなかったのかもしれない。

他にも、英語の勉強の重要性も。
このことは繰り返し説明しなくても十分だろう。
ただ、学生からは「日本企業にも海外との接点を作ってくれないと意味がない。企業は海外の人を招致しているのか」との声も。
これには、役員が日本人ばかりの企業からはろくすっぽ反論できず。
本文によれば、田口氏は「日本の学生はぬるま湯につかっていて頼りないという話になっていますが、実は日本の企業もぬるま湯ということですね」とまとめたようだ。

記事本文ではほかにも、有賀氏?が
> 大きなシステムの構築などの仕事では、個々人の突出したスキルではなく、チームワークが重要だと主張した。
らしい。
チームワークが重要なことは論を待たないが、一方で烏合の衆が集まってチームワークで仕事を進めることにも限界はある。
上のテーマに限らず、結局は個人技もチームワークもどちらも重要である。
両方を高める努力をし、かつバランスを取ることが大切だろう。

« ヴァーサタイリストとポリヴァレントの共通点、そして重要性 | Main | 地球温暖化と格差是正は同時に解決できるのか »

「パソコン・インターネット」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83065/44672116

Listed below are links to weblogs that reference 学生と経営者の討論でわかるICT業界の問題点:

« ヴァーサタイリストとポリヴァレントの共通点、そして重要性 | Main | 地球温暖化と格差是正は同時に解決できるのか »

April 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ