« 地球温暖化と格差是正は同時に解決できるのか | Main | ジョブスが祝辞で伝えたかったこと »

早大理工と筑波大医学群が連携、何をもたらす?

早大・筑波大:早大入学でも医師 両大提携、理工から筑波大編入
http://mainichi.jp/life/edu/news/20080521ddm041100003000c.html
※追記: 現在はリンク切れ
プレスリリース(早大、筑波大の順)
http://www.waseda.jp/jp/pr08/080520_p.html
http://www.tsukuba.ac.jp/topics/20080521112852.html

スペシャリストやゼネラリストの存在は重要だが、そういった人たちを寄せ集めただけでは解決できない問題は、変化の激しい現代に数多く存在する。
先の日記で取り上げた環境問題はその典型で、他にも医療など、枚挙に暇がない。
スペシャリストやゼネラリストを束ねる人(プロジェクトマネージャのような存在)がいればいいだろうという考えもあるだろうが、それでも不十分なことはある。
以前、私は「ヴァーサタイリストとポリヴァレントの共通点、そして重要性」(http://danpaleta.cocolog-nifty.com/blog/2008/05/post-52bc.html)という記事を書いた。
その中で出てきた、複数の分野に精通し、かつ視野も広く、そしてなにより臨機応変に活動できる、まさにヴァーサタイリストやポリヴァレントな人材の育成のために、今回の早大・筑波大連携によるデュアル・ディグリーがあるといっても過言ではないだろう。
そのデュアル・ディグリーが具現化したのも、変化の激しい現代を生き抜き、また数多くある未知の問題を解決するためにも、そうした制度で学んだ人材が必要になる、という考えがあってのものかもしれない。

今回のデュアル・ディグリーは医学と理工学の2つであるが、医学と(理)工学の融合は今に始まったことではない。
情報工学系の学部に属する研究室で、人工骨などの医療工学や、医師を支援するシステム(コンピュータ支援診断システムなど)、あるいはバイオインフォマティクスといったことに取り組んでいるところは、数えればいくらでもある。
また、複数の分野に詳しいという意味では、例えば大学では法学や工学などを学んだが、その後MBAを取得し、経済にも精通しているなどのビジネスパーソンも珍しくない。
デュアル・ディグリーとは異なるが、2つの異なる分野の大学院が連携するという動きもある。
例えば、岐阜大学と岐阜薬科大学が連携した、創薬医療情報研究科である(http://www1.gifu-u.ac.jp/~rensou/)。
複数の分野が連携し、様々な研究に取り組むという流れは昔からあったが、それが大学院の連携という形で現れることが、今後は増えるかもしれない。

ただ、今回の早大と筑波大の提携に関しては、疑問に感じる点がある。
理工学群がある筑波大であれば、自分たちだけでも2つの学位を持つ人間を育成できる。
それにもかかわらず、何故早大と組んだのかが、プレスリリースを読んでもはっきりしない。
もしかしたら、医学部を持たない早大の意向が強く働いたのかもしれないが。

とはいえ、面白い試みであることには変わりないので、今後はこのようなことに取り組む大学が増えてくるだろう。
医学や工学などでよくある単科系の大学が連携して、あるいは法学部や経済学部などを有する総合大学が単独で、デュアル・ディグリー制度を進めていくのかもしれない。
こういった流れが進むのは、個人的にはいいことだと思う。

後の問題は、学費と時間だ。
延べ8年ということは、博士課程の2年まで学んだのと同じだけの時間がかかっているということだ。
その間の経済的負担も大きいだろう。
奨学金制度などを充実させないと、志ある学生がデュアル・ディグリー制度を利用できない、なんてことになるだろう。
そして、さらに専門的なことを学ぼうと思ったら、もっと時間がかかる。
早大・筑波大の場合、理工学は学士止まりのようで、修士や博士を取ろうと思ったらさらに時間と費用がかかる。
それでも、医学部に関しては6年の課程を編入学により4年に短縮できるのだから、それなりにメリットはあるといえばあるのだが。
また、今回の早大・筑波大の制度を使って医学部を卒業後、医学博士になろうと思ったら、さらに4年がかかる。
そのため、さらに学問を究めたいという人への支援(奨学金、就職支援など)も、考える必要があるだろう。

« 地球温暖化と格差是正は同時に解決できるのか | Main | ジョブスが祝辞で伝えたかったこと »

「学問・資格」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83065/47000200

Listed below are links to weblogs that reference 早大理工と筑波大医学群が連携、何をもたらす?:

« 地球温暖化と格差是正は同時に解決できるのか | Main | ジョブスが祝辞で伝えたかったこと »

June 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ