« 学生と経営者の討論でわかるICT業界の問題点 | Main | 早大理工と筑波大医学群が連携、何をもたらす? »

地球温暖化と格差是正は同時に解決できるのか

未来の温暖化より今の貧困? ~ 「100万円」の優先順位
http://wiredvision.jp/blog/ishii/200805/200805290800.html

記事前半で筆者は、会員制図書館の「アカデミーヒルズ」年会費100万円と年収100万円の人を対比し、「100万円を年間の図書館代に使える人と、年収100万円である人が一体感を持つこと、そして共同で何かを成し遂げることは難しいでしょう」と論じている。
その後、温暖化問題の写真展に触れ、『100万円の図書館を使う人、そしてそれ以外の人では、「写真の受け止め方は違うのではないか」』と論じている。

記事の後半では、まず小泉政権以後、規制緩和と競争促進により強いものはより強くなったが、格差が広がったことを挙げている.
また、安部、福田各政権は「格差の是正」と「温暖化対策」を掲げるも、「これら二つの問題は、解決に必要な時間軸、そして対応に必要なエネルギーのベクトルが違います」と筆者は述べる。
貧困に悩んでいるのに、地球を救うための負担を受け入れられるのか、とも述べている。
「温暖化を止めろ」「日本はヨーロッパと比べ温暖化の危機感がない」と主張する人たちがいる中、日本政府は「2050年に温室効果ガスを半減させる」との目標を掲げる。
筆者はこれらの意見に賛同しつつも、優先順位を考えろ、と主張している。
記事の流れはやや強引な気がしないでもないが、考えさせられるものはある。

ただ、数年で起こる可能性は低いだろうが、石油など様々な資源がなくなる、気候の温暖化が加速する(一方で、温暖化が進むと今度は寒冷化を誘発する、という見方もあるようだが)など、地球が人間の住めないような環境になってしまっては、貧困も裕福もあったものではない。
本当に長い目で見たら、国や裕福さなどに関係なく、自分の立場に応じて、地球温暖化を防ぐためになにかしらの我慢や負担は必要だろう。
そのために、京都議定書の下で温室効果ガスの排出を減らそうと各国が取り組んではいるが、一方で発展途上国側にしてみれば、「先進国はこれまで好き放題温室効果ガスを吐き出していたくせに、今度は減らせというのは、身勝手だ。我々も経済成長したいし、その過程で温室効果ガスを出したっていいだろ」というような考えもある。
本当にこう考える発展途上国はそれこそ身勝手極まりないが、一方で先進国は今まで自分たちが犯してきた地球温暖化へ対する罪を滅ぼし、自分たちはもとより発展途上国に対しても、経済発展と地球温暖化防止の両方を成し遂げられるような政策やビジョンを出すことも必要だ。
そうしなければ、発展途上国の不満は募り、地球温暖化防止の協力は得られないだろう。

一方、生活に困っているいないに関係なく、電気や石油などを節約する、無駄なものを買わないなどで、お金の無駄遣いも防げるだけでなく、地球環境にも優しくできる。
それは企業活動でも同様で、たとえば環境破壊の防止とコスト削減を両立できるような技術などが進めば、地球にも企業にも優しい状況が生まれるだろう。
見方を変えると、環境問題の解決を経済発展へ結び付けられる、ともいえる。
環境問題の解決と経済発展が結びつけば、必要以上の格差を是正することにもつなげられるだろう。
ただ、現実はそれほど甘いものではない。
省エネ技術も現時点では限界に近づいているというし、省エネ商品への買い替えが進んで景気が上がっている、というわけでもない(もっとも、まだ使えるのに買い換えると、その製品を作るために資源をいっぱい使うだけでなく、古い製品を捨てる際にリサイクルし切れなければ、残りはごみになってしまう)。
それでも、環境問題の解決と格差是正も含めた経済発展の両立を図らなければ、我々に未来はないだろう。

« 学生と経営者の討論でわかるICT業界の問題点 | Main | 早大理工と筑波大医学群が連携、何をもたらす? »

雑記」カテゴリの記事

Comments

My City Life is one of the latest in a series of City building games on Facebook. Considering the Roller - Coaster Tycoon 3 Platinum Edition (which features the original game and two expansion packs: Soaked. It fires three fiery projectiles at an enemy that deal fire damage.

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83065/47000295

Listed below are links to weblogs that reference 地球温暖化と格差是正は同時に解決できるのか:

« 学生と経営者の討論でわかるICT業界の問題点 | Main | 早大理工と筑波大医学群が連携、何をもたらす? »

March 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ