« 重言には注意 | Main | 真の要求の理解と説得力 »

20代にクルマを売るために本当にすべきこと

トヨタがクルマニヨンPROJECTというのをしているらしい。

大学のサークルなどに車を貸し、いろいろなところへ行った記録をつづったblogを公開している。
これにより、少しでもクルマを運転する楽しさを味わってもらい、それを20代へのクルマの販売につなげようという魂胆があるようだ。

クルマを運転する楽しさを味わってもらう点は重要な点である。
だが、本当にクルマ会社がやらなくてはいけないのは、人とクルマが一体となって運転する楽しさを味わえ、かつ地球環境にも優しいクルマを、安価で売ることだ。
ミニバンなどの快適でウケのいいクルマばかり造るのは、ややお門違いだ。

例えば、「運転する楽しさを楽しめるクルマ」として引き合い(特に自動車評論家)に出される条件の1つとして、FR(エンジンは前方、後輪駆動)かつMT(マニュアルトランスミッション)のクルマがある。
# 「運転する楽しさを楽しめるクルマ」の条件は主観的なものであり、FRかつMTは絶対条件ではない。それ以外の車を否定する意図はない。駆動形式(とエンジンの配置)1つ取っても4WD、FF、MR、RRなどそれぞれで良さがあるし、トランスミッションの場合も同様で、ATにはATのよさがあるからだ。あくまでも、売れるための車ばかり氾濫しているのはよくない、という問題提起の1つである
だが、現在日本のメーカーで生産されているクルマの中でこの2つを満たすのは、ほとんどない。
FRは高級セダンなどに限られて少ない、ましてMTが選べる車はFFや4WDを加えても少ないのだから、仕方ない。

まず、トヨタにはない(レクサスIS250の輸出仕様には6MTがある)。
日産はスカイラインクーペ、フェアレディZがあるが、どれも高価である(※R35GT-Rは4WDかつAT限定免許で運転できるので除く)。
あとはホンダのS2000、マツダのロードスターとRX-8くらいだ。
さらに安価(ここでは300万円未満)に買えるものとなると、マツダの2車種しかない。

とにかく、メーカーは運転して楽しいクルマを大切にし、そういったクルマを作ることへ積極的に取り組まないと、将来運転する楽しさを知っている技術者がいなくなり、クルマも作れなくなる。

いずれは燃料電池車など、石油を燃やしてエンジンを回すことで走る今までの自動車とは仕組みがまったく異なる自動車が普及するだろう。
そういったものを造るには、今までの自動車の仕組みや運転方法を熟知している方がいい。
そして、ハイブリッドカーや燃料電池車の開発が進むその背景にある、環境問題や資源問題も忘れてはいけない。
クルマの燃料となる石油の埋蔵量はあと数十年で底を付く可能性があり、またクルマの排気ガスは地球温暖化の悪化に拍車をかける原因の1つでもあるからだ。
これからはクルマに好き放題乗ることが難しくなるかもしれないからこそ、運転して楽しいクルマを大切にすることが重要なのだ。

もっとも、トヨタはクルマづくりでは市場のウケを狙うことばかり考え、運転する楽しさなどクルマづくりの肝には力を入れなかった(ように感じる)ことで、たまった膿が吹き出し、結果としてクルマが売れなくなったとも私は考えている。

かつてのトヨタは、ガルウイングドアを持つセラなど、冒険的なクルマも作っていた。
スポーツカーをはじめとした運転の楽しさに重点を置いた車では、MR2という日本初のMR車や、スープラ(運転したことあり)、ソアラなどを出していたが、今は少ない。
トヨタに限った話ではないが、クルマニヨンPROJECTをやるよりも、運転する喜びを味わえる、冒険的なクルマを作る姿を見せて欲しい。

PS1 環境に優しいクルマといえばハイブリッドカーが挙げられ、ハイブリッドカー=トヨタ(プリウス)のイメージが強いが、ライバルが出て切磋琢磨して欲しいものである。
ホンダが国内で販売した(している)インサイト(生産終了、2009年春に2代目登場予定)、シビックハイブリッド(販売中)は、プリウスほど売れていない。
あと、昔は日産がティーノ・ハイブリッド、スズキもツインというハイブリッドカーを作っていたのだけど、もうなくなってしまった。
トヨタ、ホンダ以外の日本の自動車メーカーが目の色を変えてハイブリッドカーの開発を進めていたら、ハイブリッドカーの技術は大きく進歩していたであろう。
ただし、マツダは水素ロータリーエンジンを作ったし、三菱も電気自動車を作るなど、ハイブリッドカー以外の方向で努力しているメーカーもいっぱいある

« 重言には注意 | Main | 真の要求の理解と説得力 »

自動車」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83065/44651825

Listed below are links to weblogs that reference 20代にクルマを売るために本当にすべきこと:

« 重言には注意 | Main | 真の要求の理解と説得力 »

October 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ