« 「二兎を追うものは一兎をも得ず」と正しい道を進む信念 | Main | 高くてもよいものとMade in Japanへのこだわり »

「正しい道を進む信念」をフィンケ監督から改めて考える

以前、「二兎を追うものは一兎をも得ず」と正しい道を進む信念(http://danpaleta.cocolog-nifty.com/blog/2009/12/post-382f.html)という日記を書いた。
そこで、レッズのフィンケ監督の言葉を引用したが、改めてここで書く。
(元: 【島崎英純の浦和論究】将来に向けての大切な「土台」)
http://news.livedoor.com/article/detail/4557244/

「今年に入って、とても多くのことが変わりました。わたしたちはさまざまなことを変革してきたわけです。(中略)もちろん、これだけさまざまなことを変革していきますと、とても困難な時期が訪れることはよくあることです。しかしわたしたちは今年、とても多くのステップを踏むことができました。そしてわたしたちは確実に前進しています。(中略)もちろん、さまざまな改革を進めていきながら、同時に優れた結果を残したいということはよく分かりますが、長いサッカーの歴史、そしてこの長い歴史から生まれた、ある程度の常識という部分から言えば、これは困難であることは皆さんも既にお分かりであると思います。もちろん、わたしたちもできる限り早く結果を残したいという考えがありました。しかし今、わたしたちは将来のためにこの道を進んでいるわけです。そしてこの道は正しい道です。そして近い将来わたしたちは再び、優れた結果を残すことができるようになるでしょう」

上の日記では、「『様々な改革』(=コンビネーションサッカーの導入: 『個の力』に頼らない、など)と『優れた結果』(=タイトル獲得)の二兎を追う時期ではない」ことや、「『この道は正しい道』、『近い将来、私たちは再び優れた結果を残すことができるようになるだろう』という信念」に触れた。
しかし、「さまざまなことを変革していきますと、とても困難な時期が訪れることはよくあること」という視点は抜けていた。
その部分が、今回新たに引用した箇所である。

改革・変革を進めていくためには、確固たる信念を持たなくてはならない。
信念こそが、我慢が必要な場面を乗り越えられる。
また、改革を進めていく際は性急に結果を追い求めたくなる、あるいは求めざるを得ないこともあるだろうが、「急がば回れ」ということわざもある。
たとえ困難な時期が訪れようとも、それを乗り越えるメンタリティがあれば、「様々な改革」が「正しい道」であるという確固たる信念を持ち続けられ、「確実に前進」することができるだろう。

« 「二兎を追うものは一兎をも得ず」と正しい道を進む信念 | Main | 高くてもよいものとMade in Japanへのこだわり »

「スポーツ」カテゴリの記事

Comments

Lets enjoy your videos in rich and privileged has become possible to access web on the Internet or get activated on simulation. These free mobile gameswhich utilize a range of deposit options for every web site for some advice from the French office of GAMELOFT will represent 14. Game Features:Classic one miner and Innovative 3DS Emulator advancement firms tasks. The ability to replay boom beach hack virus shots. You can imagine yourself as the marketplace, wagons, and voting in the journal section of the matrix to accommodate bigger groups.

I'll immediately grab your rss as I can't to find your email subscription hyperlink or newsletter service. Do you have any? Please let me understand so that I could subscribe. Thanks. how do i get instagram followers for free

What i don't realize is actually how you're now not really a lot more smartly-appreciated than you may be now. You're very intelligent. You understand thus significantly when it comes to this matter, produced me in my opinion consider it from numerous varied angles. Its like women and men are not involved except it is something to do with Lady gaga! Your personal stuffs excellent. Always deal with it up!

Yes! Finally someone writes about Security Patrol Vehicles Atlanta.

I every time spent my half an hour to read this web site's articles daily along with a mug of coffee.

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/83065/50218729

Listed below are links to weblogs that reference 「正しい道を進む信念」をフィンケ監督から改めて考える:

« 「二兎を追うものは一兎をも得ず」と正しい道を進む信念 | Main | 高くてもよいものとMade in Japanへのこだわり »

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ