« "これも自分と認めざるをえない"展@21_21 DESIGN SIGHT | Main | 孫正義氏の言葉の再考と光の道 »

「REALITY LAB 再生・再創造」展@21_21 DESIGN SIGHT

先週・27日に東京ミッドタウンへ行き、21_21 DESIGN SIGHTの「REALITY LAB 再生・再創造」(http://www.2121designsight.jp/program/reallab/)展を見る。

132 5. ISSEY MIYAKEがメインで、これが美しい。
132 5. ~は、コンピュータ折り紙で有名な三谷純氏がISSEY MIYAKEとコラボレーションして誕生し、今回の展示会のタイトルにもあるREALITY LABが、三宅一生氏とともに生み出した女性向け新ブランド、とでも書けばいいのか。
折り紙の技法がファッションで生きるとは。
(132 5. ~の登場に合わせたプロモーション的展示ではあるけれど)

この展示で鍵となっているのが、地球環境である。
132 5. ~で使われている布は、「再生」ポリエステルである。
再利用により地球環境への負荷を軽減しているという。
そのことが採用の理由だろう。

期間限定の「はやぶさ」1/2模型の展示もあった(すでに終了)が、これは地球環境を考える1つのきっかけになるだろう。
http://www.2121designsight.jp/program/reallab/works.htmlには、「松井は私たちが、宇宙や地球という視点から人間そのものを俯瞰することの重要性を指摘します」とある。
はやぶさは、その象徴の1つとして、隕石などとともに選ばれたのだ。
(はやぶさの展示には、科学技術の大切さという意図もあるだろうが、それは本題とややずれるだろう)

現代では、ファストファッションのように、ただ消費されるだけで使い捨てともいえるファッションがもてはやされている。
よいものを長く使うといった価値観が薄れつつある現状の中で、資源に限りがあることに目を向けなければならない。
一方で、ファストファッションなどの影響で、今までのファッションに関わってきた産地の人たちは苦しい状況にある。
海外生産の増加、人材流出、工場閉鎖、技術の断絶など、挙げればキリがないだろう。
この展示、いや132 5. ~で伝えようとしたことは、限りある地球資源とファッション業界の不振という、一見繋がりそうのない2つの問題に対する解決策である。
最新技術で実現した再生素材から、コンピュータ折り紙によって全く新しい服を「再創造」しようとすることで、服作りの各過程にかかわる人達には喜びを与え、着る女性には驚きをもたらす。
それが「132 5. ISSEY MIYAKE」という解決策なのだろう。

※展示会の様子はこちらの方のblogが詳しい
REALITY LAB ― 再生・再創造

« "これも自分と認めざるをえない"展@21_21 DESIGN SIGHT | Main | 孫正義氏の言葉の再考と光の道 »

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「REALITY LAB 再生・再創造」展@21_21 DESIGN SIGHT:

« "これも自分と認めざるをえない"展@21_21 DESIGN SIGHT | Main | 孫正義氏の言葉の再考と光の道 »

June 2021
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ